スカラシップ

ホーム > スカラシップ

スカラシップ

IFDA教育財団について

背景及び歴史

1970年に組織されたIFDA教育財団は、ホームファニシングおよびインテリアデザインコミュニティの援助とサービスに献身する本組織のフィランソロフィ活動母体です。非営利税控除団体501C3である財団は、本業界における個人および・または機関のためになる教育活動を育成する助成金やおよびスカラシップを通して資金を募集し配分します。

管財人の5名委員会によって運営されるIFDA-EFは教育プログラムの主催、支部パートナーシップ助成金、ミュージアムや図書館および歴史的な建造物のデザインに関連したプロジェクトの資金参加および資金援助などを通してIFDA支部への援助などの業界プロフェッショナルの発展を援助することに関し、すでに名声を得ています。

プロジェクトおよび業績

当初の援助したプロジェクトは、企業がスポンサーになり、全米学生デザインフェローシップコンペを通して、テキスタイル、家具、ウインドウトリートメント、フロアに関するプロジェクトの受賞者に助成金が授与されました。

近年では財団は、ノースカロライナのハイポイントで開かれるインターナショナル・ホームファニシング・マートのような業界マーケットで開催される教育プログラムを通じて業界のプロフェッショナル発展をサポートしてきました。

財団は、ワシントン DCのSewell Belmont House、ニューヨークのエレノアルーズベルトの故郷であるVal KilやニューオリンズのCellesなど復旧事業援助など"Save America's Treasures"などの組織をサポートしています。

さらに財団は、ワシントンDCのテキスタイル・ミュージアム、ノースカロライナのハイポイントのファニチャア・ディスカバリー・センターやニューヨーク、ロングアイランドのNassau Community College Universal Design Libraryなどの美術館や図書館の特別プロジェクトに参加しています。

スカラシップ

インターナショナル・ファニシンング&デザイン・アソシエーション教育財団スカラシップ&助成金IFDA/EFスカラシップ&助成金賞金ファンドは、本助成金およびスカラシップに適応する個人および団体に与えられます。受け取ったスカラシップおよび助成金については、間接的な費用に使うことはできません。
※申請用紙および詳細はIFDAのウェブサイトwww.ifdaef.orgからダウンロードできますが、すべて英文ですので、ご相談はIFDA日本支部がお受けいたします。お気軽にご相談ください。

スカラシップ内容は随時変更や追加があります。興味のある方はIFDA日本支部までお問い合わせください。

IFDA/EF 学生スカラシップ

申請は3月31日消印締め切り。結果は6月31日に発表します。

IFDAリーダー記念スカラシップ 1000ドル

IFDA教育財団は、過去現在のIFDAのリーダーたちをたたえるためにジョージア支部のサポートにより設立されました。このスカラシップはインテリアデザインおよびその分野に関係する学生に与えられます。学生は過去5年間にボランティアおよびコミュニティサービスに従事した経験を持っていることが条件になります。

  • 申請者は申請を出す時点で、大学においてインテリアデザインおよびそれに関係する分野の4コース以上の科目を終了していること
  • 下記の書類を用意すること

封印した大学の在籍証明書および成績証明書・大学の正式なレターヘッッドを使用した教授あるいは講師の推薦状・300-400字のエッセイで短期および長期の目標、部活動、ボランティアワークおよびこの分野のキャリアを目指すことなどを述べたもの・自身の2-3のオリジナルデザイン例・申請用紙

専門分野のコース受講している人へのスカラシップ 1000ドル

IFDA教育財団理事会は、インテリアデザインおよびそれに関係する分野のプログラムを受講している学生へのスカラシップを加えました。

  1. 申請者は申請を出す時点で、インテリアデザインおよびそれに関係する分野の4コース以上の科目を終了していること
  2. 本スカラシップの申請者は申請時点で2つ以上のコースを受講者として受講していること
  3. 以下の書類をすべて用意することと

封印した在籍証明書および成績証明書・300-400字のエッセイで短期および長期の目標、業績、受賞歴、関心のあること、ボランティアワーク、コミュニティサービスおよびこの分野のキャリアを目指すことなどを述べたもの・正式なレターヘッドを使用した教授あるいは講師の推薦状・2つの異なるデザインワーク例(CD あるいは デジタルカラーコピー)・申請用紙

IFDA学生会員スカラシップ 2000ドル

IFDA学生会員スカラシップは、インテリアデザインあるいは関連のプログラムの4コース以上のデザインコースを修了したIFDAの学生会員に対し、IFDA教育財団を通して授与されます。IFDAの正会員の推薦状が必要です。IFDA学生会員の会員番号を申請用紙に記入してください。

申請用紙・300-400字のエッセイで短期および長期の目標、業績、受賞暦、関心のあること、ボランティアワーク、コミュニティーサービスおよび本分野のキャリアを目指すことのきっかけとなったことなどを述べたもの・2つの異なるデザインワーク例(CD あるいは デジタルカラーコピー)・封印した在籍証明書および成績証明書・正式なレターヘットを使用した教授あるいは講師の推薦状・IFDA正会員の推薦状

Vercille Voss 大学院生スカラシップ 1500ドル

長きにわたり会員であり新しい学生会員のすばらしい指導者であったVercille Vossを記念して、IFDAイリノイ支部がVercill Voss 大学院生スカラシップ創設を働きかけました。このスカラシップはインテリアデザインあるいは関連の分野の大学院生に与えられます。
下記の必要書類を3月31日までに提出してください。6月31日結果発表

申請用紙・300-400字のエッセイで短期および長期の目標、業績、受賞暦、関心のあること、ボランティアワーク、コミュニティサービスおよび本分野のキャリアを目指すことのきっかけとなったことなどを述べたもの・2つの異なるデザインワーク例(CD あるいは デジタルカラーコピー)・封印した大学卒業成績証明書および大学院在籍証明書・正式なレターヘッドを使用した教授あるいは講師の推薦状

Ruth Clark ファニチャアデザインスカラシップ

Ruth Clark スカラシップはカロライナ支部の創設メンバーの一人であるRuth Clarkを讃えて、カロライナ支部により創設されました。Ruth Clarkはロードアイランド・スクールオブデザインを卒業し、彼女のキャリアの中で数社の生地張りファニチャアをデザインし、そのデザインは業界でクラシックとなっています。彼女はデザイン専攻の学生や若い人たちを指導し、キャロライナ支部の会長もつとめ、IFDAナショナル名誉賞を1994年に授与されています。現在はデザインコンサルタントでありThe Clark Connectionのファニチャアデザイナーです。本スカラシップは専門課程の大学生で住宅用家具デザインに力を入れている学生に与えられます。

申請要綱

  1. 申請者はデザイン専攻の大学生および大学院生で、住宅用生地張り家具あるいは木製家具デザインに力を入れている学生。
  2. 本スカラシップの申請者は申請時点で2つ以上のコースを受講者として受講していること
  3. 申請者は大学生あるいは大学院生であること
  4. 申請書類は下記のものをそろえること

大学の封印した履修科目証明書および成績証明書・正式なレターヘッドを使用した教授あるいは講師の推薦状・5つの異なるオリジナルの住宅家具デザイン例(CD あるいは デジタルカラーコピー)・申請用紙

マーケティング・インターンシップ・スカラシップ 1500ドル

IFDA教育財団は、デザイン業界におけるマーケティング、広報、出版分野におけるインターンをサポートするためにマーケティング・インターンシップ・スカラシップを創設しました。ニューヨーク支部の会員であるJeanne Byingtonにより提案されたこのスカラシップは、デザイン・ファニシング業界において大きなそして重要なこの分野を目指す人たちに授与されます。

資格要綱

デザインおよびファニシング業界におけるマーケティング分野のキャリアを目指す個人が対象者です。現在大学に在籍する正規の大学生、キャリアを変えようと考えている職業人、マーケティング分野に再就職を考えている人たち。
申請者は申請時点で2ヶ月から6ヶ月のインターンシップに従事しているか従事する職場が決定していなければなりません。インターンシップはデザイン業界、住宅商業ファニシング業界におけるマーケティング、サービスあるいは製品の広告宣伝であること。広報、広告、マーケティング、出版会社でのインターンシップでもよい。会社における上記分野のインターンシップでもよい。IFDA/EFは、インターンシップおよびインターシップ情報を提供しません。申請者の全責任となります。

申請要綱

申請書・正式の学校、組織のレターヘッドを使用したインターンシップスーパーバイザーの署名入りの受け入れレターおよび会社のレターヘッドを使用したインターンシップの期間と仕事内容を記載した雇用者のレター・会社のレターヘッドを使用したインターンシップの期間と仕事内容を記載したスーパーバイザーあるいは雇用者のレター(キャリアチェンジを考えているプロあるいは再就職者のみ)・下記の内容を含む200字から400字のエッセイ(インターンシップの結果期待される経験とともにアカデミックワークとキャリアゴールとの関係、インターンシップの仕事内容および会社や組織に対する予想貢献度、インターンシップのスーパーバイザーの氏名、タイトル、所属団体 e-mail、電話番号、住所)

グリーン/サステイナブルデザインスカラシップ 1000ドル

環境問題への世界的な関心を反映して、IFDA教育財団は最近大きな関心を呼ぶグリーンおよびサステイナブルの研究分野に注力する学生に対して、新しいスカラシップを創設しました。サステイナブルデザインとは、省エネおよびグリーン/サステイナブル素材や製造および製品で生活空間を作り出す革新的な方法の開発です。サステイナブルな要素と美的な要素、両方に同じように力点をおいた上で、学生はクラスプロジェクトとして、グリーンプロダクトやエコフレンドリーなファニシングの創造的な使用方法を提案する必要があります。学生はグリーン/サステイナブル分野の最新情報に精通しており、その知識をクラス作品の中で応用し、将来のLEED(エネルギー、環境デザインにおけるリーダーシップ)を追求するという目標をもっていることが求められます。

  • 学生は認可された大学の在学生であること
  • 200字から400字の短期および長期の目標、課外活動、およびグリーン/サステイナブルデザインに関心を持った理由を書いたエッセイ
  • 1つ以上の詳細説明つきのグリーン/サステイナブルデザインのオリジナル作品のコピー
  • 取得科目および成績証明書
  • 申請用紙